« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

孝行息子

あれから 一ヶ月 早いものですsign01

そう、考えてみたら 私が自分の家で寝た日が3、4日

仕事の関係もあって、実家から出勤したりしてました

という事は ロンは・・・・・  1ヶ月の間、自分の家に帰ってきたのは

たった 1度だけwobbly

それ以外は母や、私 ロンママと一緒に実家で過ごしてます。

というものの、人間の子供よりも 空気読めちゃう 我が息子sign03

母親が涙を流すと、顔を舐めなめ・・・( ババのお化粧食べてるよcoldsweats01

そして、真正面に伏せをして、 じっsign04sign04と 様子を伺います

畳の上だろうが、板の間だろうが、伏せをして、見守るそうで

「 ロンに  まだ泣いてるの? って言われてるみたいで

  めそめそしてられないわね~ 」 なんて言ってる母親confident

いやいや、 言葉じゃないですわ~

ロンの方が 私より よっぽど母親 癒しちゃってるんですscissors

という事で、実家の近くにある 相模原公園に行く事が多くて、

日曜日にcameraを持って、 Let's Godash

Img_0458

お花と 緑が綺麗な 大きな公園だよぉ~

Img_0489

よ~い ドンthunder  で、ダッシュをして 私は 必死wobbly

Img_0492

ノーリードはダメだから、頑張って走らなきゃ!!

Img_0494

あ”っ  リード 離しちゃった!!!  

Img_0499

喜んで ピョン ピョーーンnote と 走っちゃうロン

Img_0503

よぉ~しsign03  と 連写しまくる ロンパパsmile  

Img_0507_2

とりあえず、呼び戻しが出来て 良かった~happy01

Img_0512

この日は17-85mmレンズを持っていったので、お花なんかも撮ってみたり

ロンに 「かわいい お花だね~tulip 」 って言ったら

Img_0510

・・

じゃぁ  ちょっと しときますか!  と おちっこ したりして・・・・coldsweats02

「こら~!! 何してんの pout

すぐ お水をかけて、カワイイお花に ゴメンナサイtulip

と、こんな感じで 

夏休みに  おばあちゃんの家に遊びに行ってる子供carouselpony みたい

でも、本当に母親思いのロン

一度 うちに連れて帰ってきた時、心配だからかご飯食べないんだもんsweat01

やっと、時間と共に、 少しずつです 本当に少しずつですが

 現実を受け入れ始めたロン家で~す。

皆さんの温かい気持ちheartやメッセージに 感謝 confidentです。

ブログやってて 良かった~

| | コメント (6)

朝霧 快晴

悲しい事があってから二週間

ただ、時間だけが過ぎて、ぐっと感情がたかぶって

涙が溢れたりするけれど、ずっと私達の近くにいてくれたロンに

お礼がしたくて、行ってきました 快晴 朝霧 sun !!

父が亡くなった当日に我が家に届いた この方と一緒に!!

そう その方とは・・・

Cimg5737_2

Cimg5730_2

いろいろ、迷い

皆々さまの貴重なご意見を参考にし、結局 謙さんのCanonに・・・

17-85mmのレンズキットと、手振れ補正の付いた望遠レンズを

買っちゃいましたですぅ~happy01

この方達を首から だらーーんと ぶらさげてたロンパパ

周りの皆さんから 「 今 撮って~!! 」 と 大声援を頂き 撮った写真が

約500枚・・・・・・・    選定が大変ね~

まだ、実家に寝泊りしている事が殆どな為、家に帰ってないロンママ・・・

なので、こんなに遅くなってのアップbearing トホホ・・・

ま~ ま~ 見てみてくださ~い!

Img_0068_2

凛々しくて かっくいい~!!  チャド君!

Img_0076_2

沢山のcameraに囲まれ、グラビアアイドルみたいだったベル様

そして、なぜか ロメオ君がいないの・・・・ごめんね~

Img_0090_2

プールでspaしてた 小梅ちゃん! 元気にそうで良かった~

Img_0249_2

プールサイドを歩く、綺麗なお姉さん! って感じのキトリちゃーーん!

Img_0329_3 

この日はパパが

来れなくなちゃって

残念だったマイロdespair

でも、ロンは

マイロに会うと

安心するし、

元気もらえるしgood

Thanks ブラザー!!

って、 コンデジ感が抜けないのか、 望遠なのに近くをcoldsweats01

動いている子より止まっている子を撮っていたロンパパsweat01

と、 ここから動きのある写真に ちょぉぉぉぉーーせんsign03

Img_0104_2

あっ!

ロンが笑ってる~ (こんな顔して走ってるなんて発見!)

Img_0342_2

アルビス君の胸の大きさって、すごーーい! マッチョだ!

Img_0355_2

パキちゃんの、ディスク キャッチ! お見事なり~sign03 ロンにも教えて~

Img_0122_2

後ろで見ているキトリちゃん・・・・ ちょっと遠慮がちなのが かわいぃぃ~heart01

Img_0111_2

ちょっと 引き気味のあずちゃんを、必死に追いかけるロン、そしてベル様

Img_0409_2

今週末には、去勢手術がひかえているアロゥくん!

頑張ってきてね。 次会う時は、マイロンと一緒だね!

Img_0277_2

グレハンさん 4頭 大集合!  オーーラ 出まくってますthunderthunderthunderthunder 

Img_0213_2

そして、私お気に入りの一枚

背景の黒とロンの白の

コントラストが 好き

デジイチってすごーーい

(腕は・・・微妙coldsweats01

暑かったこの日も

木陰に入ると、少し涼しくて

気持ちよかったです

しかし、本当はもっとたくさんのお友達と遊んでいたのに、

写真が無くて(いいのが無くて) 写せなかった皆さんすみませんweep

シェリロフ家、マーキス・キューレット家、レイチェル家のみなさん

ゆっくりお話も出来ず、残念でした。 

またの機会に是非よろしくお願いします。

写した写真を見て、

「オレって、 カメラでいけるのかも!」 と

勘違い発言をしてしまう位、コンデジとは違う写真が撮れ大満足でした。

本当にすごく楽しい一日! 遊んで頂いた皆さん、ありがとうございました。

こんな日をこれからも、過ごしていきたい ロン家でした~!

Img_0360_2

P.S

すぷちちさん

ずっと、企画をすすめて

くれていたのに、

残念でした~weep

camera買ったし、次は

「魚眼レンズ!」とか言ってるし、

次回は一緒に遊んでくださ~い!

ニロママ

言いだしっぺだったのにね!

私、こんな事になるなんて思ってなくて

一緒に話してたけど、この企画があって良かったよぉ~

だって、すごーーく元気もらったから! ニロ君に会えなかったのは

寂しかったけど、ありがとうね~heart04

| | コメント (16)

ありがとう

  ・

突然 私の父が他界しました。

67歳でした。

6月29日の未明、心筋梗塞で 自分のベッドの中で亡くなりました。

前の日、新車を買おうと思っていた両親は 試乗させてもらい、

色まで決めて帰ってきました。

いつも通り、母が作った夕食を美味しく食べ、楽しく過ごした後

いつも通りにベッドに入ったのです。

その後、いつも夜中にトイレに起きてくるはずの父が

起きてこないので、夜中3時頃 見に行った時には、

もう意識がありませんでした。

母は、パニックをおこしながらも、人工呼吸や心臓マッサージを

行い、救急車を呼び、私にも連絡をくれました。

その日、私達はロンを両親に預け、友人宅に遊びに行ってました。

そこへ、母からの電話。

すぐ、友人宅を飛び出し、ロンパパは注意しながら、赤信号を

止まることなく、病院に車を走らせてくれました。

でも、間に合わなかった・・・・・・。

「お父さーーーーん!!!!!!! 」って絶叫したんだけど、動かなかった。

母も「行かないで!  おいていかないで!」

って何度も泣きさけんだけれど、目を開けてくれなかった。

その時から、3日間 私は 眠れなく 食べれなくなりました。

それが、私だけでなく ロンまでも。

ロンは、全て見てました。

母が震えながら心臓マッサージをするところも、

救急隊が5人も入ってきて、処置しているところも。

ずっと黙って、オスワリをして見守っていたそうです。

ただ、最後に担架に乗せられて、父が運び出される時に、

すごい声で、吠えまくったそうです。

きっと、父に聞こえる様に、精一杯の声を出したのでしょう。

ロンは、まるで人間の様にいろんな事がわかっていた様です。

その後から、ロンは食事が出来なくなりました。

何をきっかけに出来るようになったかというと、母からの電話の声です。

母が電話で「ロン ロン! 大丈夫だから」と大きな声で話している声を

聞いて、少し安心したからでしょうか、3日ぶりにご飯を食べました。

葬儀等が終わり、少しずつ周りが見えてきた感じです。

ロンブログでこんな事を記事にするのも どうかと思ったのですが、

パソコンがうまく使えなかった父も、今はこの画面が見えて

私からのメッセージが届く様な気がして、ここに私から父宛ての

手紙を書きたいと思います。

大好きな お父さんへ

Cimg1082 お父さん、

見てくれてますか?

一方的な手紙に

なってしまうけれど

今の気持ちを伝えます。

子供の頃、

とっても厳しかったお父さん。

でも、十年前に心筋梗塞で45分間の呼吸停止。

あの時、奇跡的に戻ってきてくれたのは、本当に嬉しかった。

その後 600日の闘病生活。

一生 歩けないし、食べれない と先生から言われたものの、

これも努力の甲斐があって、階段もつかまれば降りれる様になり

モリモリ食べれる様になったよね。

Cimg0927 私達と一緒に

たくさんの旅行に行ったよね。

下田や、新婚旅行で

行った38年ぶりの裏磐梯、

伊豆高原、軽井沢とか

車いすで行けないところは、頑張って歩いたりしてね。

旅行先で出たご飯は必ず完食!

一緒に行っているお姉ちゃんもビックリしました。

Cimg0969 お父さんと半分ずつね!

って言ってるのに、

気づくと殆ど

食べちゃってたりしてね。

すごく楽しかった。

それに、よくお父さんをからかって、いじめてごめんね。

Cimg0963_4 車いすで

ジェットコースターごっこを

してみたり、

頑張って歩いているところを

邪魔してみたり・・・・

でも、何をしても怒らなかったし

笑ってくれるから、嬉しかった。

こんな事を

ずっと一生続けられると思ってた。

もう少し 後十年、いや 後一年  

いや、後 一ヶ月でもいいから一緒にいたかった。

いつも家に帰れば居てくれるのがあたり前だったから。

Cimg1404_5

会いたいし、

話したいし、

顔が見たいし。

家に行くと、もうスリッパ並べといてくれてね、 

座りやすい様にイスを引いてくれたり、お母さんのお料理手伝ったり、

最近は かなり雑だったけど、洗い物もやってくれたり

洗濯も 洗う前に干してくれたり・・・。

 Cimg0358

大変そうなお母さんを

手伝ってあげようという

お父さんの気持ちは

お母さんにも私達にも

良く伝わってました。

お父さんの存在感は絶大だったよ。

Cimg1106 でも、私が子供の頃から

言ってたね。

最後 死ぬときは、

人に迷惑を

かけたくないから、

潔くいきたいってね。

その通りの事をしてくれました。

告別式はお父さんの誕生日だったしね、なんだか決め過ぎでしょ。

本当はもっと心配かけたり

迷惑かけたりして欲しかったけど、きっとそんなの嫌だったんだよね。

Cimg0307

きっと、お父さんの

一番の心配事は

一人置いてきてしまった

お母さんの事でしょう。

お母さん寂しがり屋だからね、

すごく辛い思いをしているけれど、きっと頑張ってくれるはず。

娘2人で支えていくから大丈夫、心配しないでね。

Cimg1079 

いつか、

お母さんもお父さんの

ところに行きます。

行ったら、 すぐ見つけてあげてね。

そして、お姉ちゃんも行くからね。

その時は、いつもみたいに

ボツボツのついた「ひさよ」って名前のついたスリッパ出してね。

最後に、 

本当に お父さんの子供に生まれてきて良かった。

お父さんが教えてくれたこと、

お父さんとの思い出、

お父さんのこと 全部 大切にして これから生きていきます。

お父さん  本当に どうも ありがとう

Cimg0272

| | コメント (15)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »